猫とワタシ

阿倍野にある店主一人で営む1席のみの理容室

喜多出理髪店・店主のブログ

この記事のみを表示する予約について

未分類

平素は、格別のご愛顧を受け賜わり厚く御礼申し上げます

早速ですが、ご予約について
ご来店時に次のご予約を頂くお客さまには
【次回来店日時】のカードをお渡ししています

しかし、電話で予約を頂く際
日時を間違われる事が、稀にあります

そこで、ご予約を頂いた際
返信不要の確認メールを送ろうかと考えています

そうする事で、お客さまは日時を把握でき
間違いや、忘れてしまう事なく
来店が出来るのでは?と思いつきました

ご連絡頂いた当日に送るのがいいのか
ご予約の前日に送るのがいいのか
一人で運営しているので、
送信時間がバラバラになってしまう事も考えられます

現状、良いサービスかなと思うので
一度試験的に運用してみようかと計画中です

店の電話をスマホに変えれば
ラインでのご予約確認メッセージの配信も出来ますが
現状、ガラケーなので
ショートメッセージになり
丁寧な言い回しは出来ません

簡略化して送信の予定です

【返信不要】ご予約確認メール
〇〇月〇〇日〇曜日〇:〇〇 
いつもありがとうございます
喜多出理髪店
スポンサーサイト



この記事のみを表示する新型コロナウイルス・ワクチン・接種証明の有効性

未分類

まず、僕は
【ワクチン推進派】でも
【反ワクチン】でもありません。

打ちたい人は打てばいいと思いますし
持病のある方は、健康面など考慮し
打てるタイミングに接種すればいいと思っています。

そこで疑問に思っている事があり
色々調べますが、答えは・・出ないままです。

それは【ワクチン接種証明】です。

以前ブログにも書きましたが
デルタ変異株に関しては、接種未接種同じように
感染し、感染させると言う事です。

9月8日菅内閣総理大臣が
感染拡大地域でもワクチンを接種済みであれば、
県をまたぐ移動を原則として認めるとの見解を示しました

緊急事態宣言下でありながら、
ワクチンを打っている人は
県境を越えての移動が出来る(PCR検査済も含む)
入店の際、接種証明があれば入店可など
今後は、そういった流れになっていくと思いますが
なぜ接種証明が必要なんでしょう?

ワクチン接種証明用途が
海外渡航用でなくなり
国内移動する時は、携帯する。

そうなった場合、対面営業するような店は
従事する人の接種証明をホームページや
店舗に掲示する所が増えるんだと思います

海外では、一部証明が無い場合入店不可
店前に接種会場を設け、
そこで接種し、証明書を持ってこれば入店可

そんな簡単に打ってすぐ【抗体】は出来ません。

何度も言いますが
感染しますし、感染させます。

ワクチン接種証明があれば【何が大丈夫】なんでしょうか?

集団免疫の事も考えましたし、調べました。
でも、ワクチン接種率の多いイスラエルですら
今、感染拡大しています。

ワクチンを打って集団免疫を獲得とありますが
これも、話しの整合性がありません。

皆が打って
皆が感染して抗体を獲得すると言う事でしょうか?
それなら、今後イスラエルは減っていくんでしょうか?
3回目接種もほぼ終わっています。
でも感染者は増加しています。

最初2回接種で抗体が出来ると言ってたが
今度は3回すればより強固な・・・
ちょっと言ってる意味が分かりません。
何回打てばいいの?

都市伝説は、
整合性が取れた話しで、出来過ぎている為
逆に信憑性に欠けます。

そんな簡単に大衆に考えられ、知られる情報を
ディープステート(英: deep state、略称: DS)のような
影?裏?の人達(もしいるなら)は
知られない様にしたいと思うはず。

もし、僕がその世界の人間なら
分からないように仕掛けます。

話しが逸れましたが
結局、ワクチンを打っても
感染するし、感染させる
接種しても、抗体が出来るのは
10日から約2週間後
厚生労働省の、ホームページにも記載している通り
感染を完全に、予防できる訳ではありません

・・じゃ、ワクチン接種証明書は
どんな役割?

もしご存じの方いらっしゃいましたら
教えてください。

この記事のみを表示する新型コロナウイルス・ワクチンについて

未分類

新型コロナウイルスワクチンについて
調べた中での僕の見解ですので
不快に思われる方もいらっしゃると思いますが
きちんと伝えておくべきで
twitterでは文字数に制限があるので
ブログに書きました

まず、今流行しているデルタ変異株(インド型変異株)についての
CDC(アメリカ疾病予防管理センター)が
ワクチン接種者も
未接種者と同様に感染させるとの内部文書が
公開されました

ワクチンが供給されはじめた時は
アルファ変異株(イギリス型変異株)で
ワクチン接種者は保菌者になっても
約47%感染を抑えられるとの発表でした

そのような理由から
社会生活を送る上で
第三者を守ると言う意味で接種には前向きでした

ところが今回のデルタ変異株については
先述にもあるように
接種者も
未接種者と同様に感染させるとの事で
そうなると自分を守る為のみ・・・

僕のような【日銭稼ぎ】の身には
ワクチンで重症化しないよう自分を守るよりも
副反応が出て、仕事にならず
店を休業する事の方がリスクとなります
総じて現段階でワクチンの有効性は
【自分が重症化しない為】であり
僕には不要と考えています

嘘やその場しのぎの言い訳で営業は出来ません
不快・不安にさせてしまった方、申し訳ありません

この記事のみを表示する新型コロナウイルスの影響

未分類

IMG_20200413_232400_109.jpg

随分更新を怠っていました。
コロナの影響で、
沢山のお客さまにご来店頂き忙しくなっています。

平日は子供と顔を合わせるのが
一週間ぶりと言う事もしばしば。

他店では、スタッフがいて
同時に複数のお客さまがいる状況になり
感染のリスクがある為
そういった多数のスタッフがいるサロンを
避ける傾向にあり
反対に小人数小規模サロンや、完全予約で
他のお客さまとの接点を避けているサロンを
探して来られるお客さまが増えています

事検索でも
【一人で営業】【個室】などの
キーワード検索が多くなっています

そういった事で
店主一人で営む一席のみの理容室は
このコロナの時代に合致した店になっているようです

『先見の目があるな!』と言って下さるお客さん
『そもそも人を雇う程力量もないですし・・・』
『偶然です(笑)』

そんなこんなで忙しく過ごしています。
・・なのでブログの更新を怠っています。
あと、ツイッターが楽なので(笑)

この記事のみを表示する終末期のお義父さんと僕

未分類

IMG_20200319_004449_059.jpg

IMG_20200105_223624_531.jpg

s_IMG_20190829_215936_410.jpg

s_IMG_20190813_201321_230.jpg

s_IMG_20190812_212603_706.jpg

闘病中の義父が10月31日午前死去致しました。

今、自分が父に出来る事を最優先に考え行動した事で
時短営業や、臨時休業など家庭の事情とは言え
お客さまには多大なご迷惑をおかけいたしました事
心よりお詫び致します。

それでも、ご理解頂き
ご来店頂いているお客さまには、とても感謝しています。

墓や仏壇で気持ちを伝えても伝わらない
『気持ちは、生きている間に伝える』
妻にはこれを口酸っぱく言ってきました。
そして、夫婦共に父が生きている間に伝えられました。

癌センターの時、面会は1人
鉄道病院に転院して、妻と一緒に面会に行きました。

部屋へ入って間もなく妻がトイレへ。

妻の姿が見えなくなってから急に
お義父さんが『祐介、もうあかんわ』と。

終末期の病棟に入っているのに
『治ります!頑張りましょ!』なんて言えませんし
『確かに、そうですよね・・』とも言えません。

そこで、僕はお義父さんにこう伝えました。

お義父さん、僕がお義父さんの立場なら
『こんなしんどい思いして生きて居たくない』
『迷惑かけるから早く逝きたい』と思うと思います。

でも、残された僕ら親族からすると
お義父さんが、この世で生きている事が
僕らが毎日、なんとか過ごしていけるんです。

お義父さんは辛いし、しんどいと思います。

でも、お義父さんがどんな状況であれ
この世で息をしている事が
僕ら親族の、心の支えになっているんです。

なので一日でも長く生きてください。

父は、何も言わずうなずきました。

その後は
浮腫んでいる父の足をマッサージしながら
妻と3人、ゆっくりした時間の中、会話をしました。
3人で一緒に笑った事も良い思い出です。

気付けば
30分の面会時間を大幅に越していました(笑)
多分3時間くらい(笑)

それからは、行ける時は行きました。

『お義父さん、また時間ある時は来ますねー!』
『まだ逝ったらあきませんよー!』
『1日でも長く生きてくださいねー!!』と
帰る時は、明るく声掛けをして部屋をあとにしました。

お義父さんも『がんばるわー』と返事してくれました。

でも亡くなる最後の週初めは
『祐介、今度は木曜日まで来られへんのか?』
『木曜日は来てくれるんやろか?』と
日に日に遠のく意識の中、
妻に言った言葉が、忘れられません。

いない事が、日を追うごとに実感していきます。

もっと長生きしてほしかった・・・。
もっとお義父さんの髪の毛を切ってあげたかった。
もっと話しをしておけばよかった。
もっと旅行へ連れていってあげればよかった。
もっとおいしい物を食べさせてあげたかった。

『検査に行って!』と前々から言えばよかった。


全財産無くなってもいい
片目、片肺なくなってもいい
お義父さんが生き返るなら

そう毎日思う日々です。

本当に良いお義父さん・・お父さんでした。
自分の父親よりも、父でした。